2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運動会の思い出

去年の運度会の話。
(もうかなり前)

むすめは、はじめての運動会でかけっこ、お遊戯、一生懸命がんばってかわいかった。

ぼうずも、年長で最後の運動会で組体操、お遊戯、最後のリレーもよくがんばった。








そんな中で印象に残った出来事が。
プログラムは親子体操。
これは年少組のプログラム。






入場口で待つむすめの元へ駆けて行く。
手を繋いで入場というとき、



衝撃の一言。

20120122-1.jpg
もう、涙ためてるんですよ。
泣くのを耐えての一言ですよ。
ちょっと、笑顔っぽくもあったりして。




すぐ、交替。

父ちゃんが悪かった。
「ぼうずのときはママだったから、こんどは父ちゃんだ。」
なんて、自分のことばっか考えてた父ちゃんが悪かった(泣)。

ママがいいに決まってる。
そんなことわかってたさ。


でも、まー、もしかしたらいけるかなとか思ったけど、ダメだった。


スポンサーサイト

| アルバム | 21:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オペレッタ

こないだととうか、去年、
幼稚園の遊戯会があった。

ぼうずの幼稚園ではオペレッタというらしい。
要するに劇である。



ぼうずの晴れ姿だ。
ビデオと写真でばっちし撮ってやるぜ。

20120120-1.jpg
とか思ってたら、非常に見えずらい位置に席をとってしまった。
逆サイドにすべきだったな・・・。





そんな中、オペレッタ始まる。
題材は「アラジンと魔法のランプ」だ。


※アラジンと魔法のランプ、アリババと七人の盗賊、シンドバットの冒険。この違いを誰か教えてください。


そして、ぼうずは指輪の精役。

     20120120-2.jpg
衣装もなかなかかっこしいし、決まってるじゃないか。
躍りはきちんとしてた。



そして、この劇はセリフがバックミュージックに入っているので、それに合わせて踊ればいいというもの。
だからオペレッタというのだろうか?
ちなみに、流れてくる声はのび太の人だった。



ぼうずの出番はあっという間におわり、最後に並んであいさつ。
20120120-3.jpg
が、ひとりお友達に詰め寄るぼうず。
みなさん、きちんと並んでますよー。



指輪の精も3人いるのだけど、
いつもじゃれあってるチビ達3人が指輪の精になったらしく、スキあらばじゃれようとする。






最後に会場で写真撮影タイム。
みんな親に写真と撮ってもらっているというのに、この3人は止まることなく駆け回っていた。
   20120120-4.jpg
気付けば会場から抜け出し遊んでいる3人の姿が。。。



まぁ、劇はきちんとできてたから良しとするか。



ちなみん、父ちゃんの幼稚園の時の役は羊飼いでした。
杖を持てたので嬉しかった記憶があります。



| アルバム | 13:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クライミングウォール自作してみた。

あけましておめでとうございます。
今年もちびりちびりと更新していきたいと思います。

まあ、特に新年とは関係ないのだけど、
家の壁にクライミングホールドつけました。
なんちゃって人工壁。



壁にカインズで買ったコンパネをつける。
石膏ボードの裏にある柱?に適当にネジで固定。



コンパネにスクリュウオンホールドを30個ほど。
こいつを適当にネジでつける。

ホールドはホールド屋で購入 → コレ。
29,800円なり。


ボルト固定だとコンパネに穴開けなきゃだからめんどくさいのです。
後でホールドの位置変えるのが楽だけど。


そして、完成。




こんな感じ。





楽しそうにやってます。
ぼうずの運動に最適。
初心者用のホールドなので、つかみやすい形が多い。




そのうち、クライミングジムに行ってみようかな。


そして、父ちゃんは新年早々壁から落ちて頭打ちました。
それなりに危険でもある。


多分、壁は穴だらけなのだろうけど、
全然気にしないママに感謝なのでした。

| アルバム | 00:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。